大怪獣のあとしまつが普通に面白かったので感想文(とてもネタバレ)

大怪獣のあとしまつを見に行ったら普通に面白かったので面食らってしまった。

"普通に"面白いと言うのは語弊があるかもしれない。正統派ではないが、「ヤバい映画です」という前評判を聞いてから行けば、それを楽しめるぐらいの映画である。

コナンが浦沢脚本だった時にきゃっきゃウフフしてたオタクなら、これは見られると思ったのだが、世間の評判はそうではないらしい。謎。

シン・ゴジラじゃなくてカブトボーグを観に行くつもりなら全然イケる。ほんとほんと。進撃の巨人実写版後編の100倍マシ。

 

 

 

 

以後、完全なネタバレ

 

 

 

 

 

 

まず、展開というか、ストーリーの説明は丁寧だと思う。

2回目の死体処理作戦が混迷(※後述)した瞬間、主人公のアラタ(山田涼介)がウルトラマンに変身して怪獣の死体を宇宙に運ぶというオチに「最初からお前が変身していればさっさと終わったのでは?」とだいたいみんなモヤモヤしている。

しかし恐ろしいことに、最後が超常的なオチであること、アラタがウルトラマンっぽいことは作中でしっかり伏線が張られている。クソなオチであることがあらかじめ示されていることをそう呼んでいいのかわからないが、フェアだと思う。

特に、最初の世界観の説明は見事だ。出征の見送り会が同窓会になった…というエピソードで、徴兵されるほどに怪獣の被害が甚大であったこと、その怪獣が倒されたこと、主人公アラタとヒロインのユキノ(土屋太鳳)がかつて同窓であったこと、アラタは特務隊と呼ばれる組織に所属していること……などなどと物語の主要な設定がたった数分で描かれる。ここ本当に上手い。

 

いわゆる見せ場シーンもちゃんとある。アラタのバイクシーン、発破技師のブルース(オダギリジョー)が命がけでダムを破壊するシーン、独力で怪獣のからだによじ登って処理作戦を決行するアラタ……役者は一流だし、その場その場はしっかりカッコいい。最初からウルトラマンに変身していれば万事解決だったので、カッコいいシーンが全部無駄骨になるのが問題なのだが

 

ウルトラマンオチのせいで霞んでいるのだが、この映画で行われる2回の死体処理作戦はよくよく考えると最初から破綻している。

ダムを爆破して河の水で怪獣を押し流すという1回目の作戦は、水の勢いが足りず海まで流せなかった上に、怪獣の口から入った水が消化器を通り、怪獣の尻から汚物が巻き散らかされて失敗に終わる。

ここでまず、なぜ押し流さなければならなかったのか?という疑問が浮かぶ。肉を切り出して処理場に持っていくとか、その場で油ぶっかけて焼くぐらいすれば?などと考えてしまう。納得いくかは別として、ちゃんと作中でこの理由は説明されている。怪獣の死体を観光資源に利用できるかも?という奇妙な思惑などにより、政治がグダグダで不可逆的な処理をする許可が全然出ないのである。……腐る肉が観光資源になるか……?

2回目の作戦は、怪獣の体に溜まったメタンガスが爆発の危機にあるため、うまく穴を開けてガスを成層圏に逃がし、近隣への被害を避けるというミッションである。1回目の作戦よりなぜかスケールダウンしており、成功したところでガスの放出は今後も続きうるという姑息で意味の薄い作戦なのである。あと、温室効果ガスと未知の菌を平気で世界にブチまけるのをやめろ。

しかも、穴を開ける実行部隊が意味もなく2つに分裂してしまう。

1つは主人公のアラタ。ダム爆破で瀕死の重体になったブルースの事前アドバイスに従い、単身で怪獣の体によじ登りピンポイントで穿孔を行おうとする。

もう1つはライバルの正彦が率いる軍。ミサイルを使って穴を開けようとする。発破技師1人のカンを信じた主人公に比べて、富岳で演算して遠距離から攻撃する正彦の作戦があまりにマトモだったので自分は映画館で吹き出してしまった。別にここは面白ポイントとして作ったわけではないと思うのだが。

アラタが穴を開け終え、ガスが高く噴き出したところで、正彦はミサイルの発射を指示する。アラタの努力により作戦自体は既に成功していたのに、正彦はアラタに向かってミサイルをぶち込む。おもしれー男。

 

怪獣映画が見たい層には不評だが、ラブロマンスは話にしっかり絡んでくるので存在して良かったと思う。

アラタとユキノは元々恋人同士だったが、アラタが謎の事故で失踪したこと、その事故で正彦に大怪我をさせた負い目を感じたことから、ユキノは正彦と同情的に結婚する。が、ユキノはなんだかんだアラタのことが好き。正彦もそれに感づいているので、アラタには嫉妬しまくっている。

 

キスシーンも、2回目と4回目は要る。土屋太鳳の顔があればキスシーンはまあ観られる。山田涼介にガチ恋ファンがどんな気持ちで観てるのかはわからない。

1回目:徴兵から帰ってきた彼氏(モブ)とそれを出迎える彼女(モブ)のキス。マジで要らない

2回目:正彦からユキノに所有権を示すようなキス

3回目:正彦が研究員の愛人と職場でキス

4回目:ユキノからアラタに好意を伝えるキス

 

3回目、小さい男として描かれている正彦が愛人作ってると正彦への評価が迷子になるのと、キスシーンにも飽きてくるころなので、いっそ手マンでもしててほしかった。なぜかわからないが、どうせなら手マンが見たかった(なんで?)。

 

だいぶ逸れたが、アラタへの嫉妬心という背景が無いと、正彦が意味もなく人間にミサイルをブチ込むやべー奴になってしまうので、恋愛模様は話のためにやっぱり必要だったのではないか、という話がしたかった。

エリートだがチビで小心者な正彦が、イケメンのアラタに自分の女取られてて嫉妬心を燃やしているという構図が結構自分は好みなので、嫌悪感が少ないのかもしれない。アラタも山田涼介なので164cmしか無いのではあるが。

 

とはいえ、作戦や話の筋が合理的だったかどうか云々は、そもそもだいぶ野暮だ。結局のところ、1回目の作戦は怪獣にウンコだか屁だかを噴出させたかっただけだし、2回目の作戦はアラタをウルトラマンにしたかっただけなのだ。

作戦自体が無意味な以上、この映画の価値は豪華キャストを使って小学生みたいな下ネタ言い続ける(山田涼介だけは謎の力で下ネタを回避している)ところと、最後のウルトラマン一発ギャグということになる。あと画は良い、一瞬シリアス映画に見えてしまうぐらいには。

 

ウルトラマンオチは、当初はエロ漫画の最後1P、取ってつければそれで良しというオチに思っていたのだが、映画を思い返しているうちに、そもそもウルトラマンや戦隊ヒーローは元々デウス・エクス・マキナではあるな、ということに気付いた。ウルトラ警備隊とか、ウルトラマンが最初から出さえすれば不要じゃん。そういうものへのアンチテーゼとして描いたつもりなら、ひとまず意義を見出せる。意義を見出したところでウンコチンコウンコな映画なのだが。

 

自分は下ネタが気に入ったので平気だが、映画というフォーマットと下ネタの相性が悪かったように思う。ニコニコ動画で皆でコメント付けながら観たり、酒飲みながら深夜に観るのだったらまた評価も変わったのでは?とも思っている。

シン・ゴジラ東日本大震災から5年経っていたが、大怪獣のあとしまつが公開されている今はコロナ禍真っ最中、なんなら公開後にウクライナ戦争まで始まってしまったので、政治によって人が死んでる真っ最中に政治家がバカをやる映画が楽しめるかという問題もある。もう少し時間が経って、楽しいクソ映画としてみんなで共有できるようになればいいな、と思う。

 

 

進撃の巨人実写版後編の悪口をついでに書こうと思ったが、思ったより長くなったのでそれはまた次の機会に。